Entries

スポンサーサイト

指定バトンです。

ベクターでは、まだ登録は完了していないようです。一度、サーバの調子が悪くなったらしいので、そのせいで事務手続きが遅れているのではないかと推測しているのですが……。サーバのアップ1日前にメールが来るので、来たら、掲示板でアナウンスしたいと思います。沫那 玖珠琉さんのブログで、またバトンを頂きました。いつもいつもありがとうございます。今回は、「指定バトン」というものです。早速回答です。----以下回答----・...

『つばめ1』のエンドタイトルについて

今週は、テーマ曲のテンポ微調整作業で終ってしまいました。クラシックの曲は、著作権切れが多いのは良いのですが、演奏するときにテンポをある程度ゆらさないとものにならないようにできているので、その点が大変です。今回は、音楽つながりで、『つばめ1』のエンディング曲について。このエンディング曲には、シチュエーションがあって、「百万の霊が、地上を去る前に、つばめにもう一度お礼を言っている」というものです。この...

おおぼけの理由、へたれの理由 2/2

つばめさんのおおぼけですが、もともと、つばめさんのように、人の見えないものが見えるというキャラクターには、独文では(独文でだけではないとは思いますが)、子供の性質が与えられていることが多いので、つばめさんの持っている他の性格的特徴ともおさまりがいいのではないかと思いました。で、ついでに(?)、フロリオにはへたれくんになってもらいました。というのは、フロリオは、自分の真面目な性格を武器にして生きてき...

おおぼけの理由、へたれの理由 1/2

キャラ付話はいろいろあるのですが、次回作のねたとかぶってしまうので、今回は、比較的無難と思われる、何故、つばめがおおぼけするかについて。カップルが出来るということは、新しい文体を作らなくてはならない。今までの文体から、その新しい文体に移行させなければならない。かなりの会話の数が必要です。『Saint Nicholas Society』のように、意図的にシナリオの空き容量を残してあるのならまた別なのですが、『つばめ飛ぶ』...

試験管の中と外

『つばめ飛ぶ』では、実際の松本千香さんの抱える孤独をめぐる物語と、薬師としてのつばめさんの抱える孤独の話が同時進行するという、かなりあほな構造に挑戦しました。薬師としてのつばめさんは、試験管の外から中の分子構造を見極めることで、魔力による化学反応を起こします。その結果、病を癒す薬を作ることができますが、化学反応を起こす際に孤独を感じることに気がついてしまいます。個人としての松本千香さんは、地球と作...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。