Entries

スポンサーサイト

シナリオを書くタイミング

新作は、第5面までのシナリオ+ダンジョンコンセプトが決定しました。まだ、3面のワールドマップすら手をつけていませんが。シナリオを決定するタイミングは人それぞれだと思うのですが、私の場合、最初に手をつける前に決めておくのは、クライマックスとオープニング、エンディングのシナリオのみで、あとは、制作と平行しながら、面ごとに進めています。実は、最初は、何面入れるかも決めていません。RPGは、かなり文章量が...

試験管の中と外

『つばめ飛ぶ』では、実際の松本千香さんの抱える孤独をめぐる物語と、薬師としてのつばめさんの抱える孤独の話が同時進行するという、かなりあほな構造に挑戦しました。薬師としてのつばめさんは、試験管の外から中の分子構造を見極めることで、魔力による化学反応を起こします。その結果、病を癒す薬を作ることができますが、化学反応を起こす際に孤独を感じることに気がついてしまいます。個人としての松本千香さんは、地球と作...

TimpaniRing試案です。

当サイトは、昨日、4月14日で1周年を迎えました。励ましやご教示をいただいた皆様、作品をダウンロードしてくださった皆様、本当にありがとうございました。これからも頑張っていきたいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。以前一度言っていた、TimpaniRingの試案が出来ました。http://hp.vector.co.jp/authors/VA041190/TimpaniRing/TimpaniRing.htmlバナーやデザインは適当なので、もっと良いのがあったら交換し...

2面までできました。

新作、2面まで完成しました。2面まで完成したことで、起承転結の「起」の部分は一応けりがつきました。「転」の部分まで、脚本がすかすか(=箇条書きだけ)ですが、なんとかなるといいなと思っています。制作の時には、脚本は、会話の細部まで書いた詳しいものと、箇条書きを併用しています。具体的に言うと、書くのが難しい場所は、Timpaniで入力する前に、詳しい会話を他ファイルに入力しておきます。簡単なもの(多くの場合...

『つばめ飛ぶ』の中の認識

『つばめ飛ぶ』は、主人公が内面的に、具体的に言うと「認識する人」として成長していく過程を描こうとした作品なのですが、この「認識」という言葉、別に大それたことを意味している訳ではないのです。電車に乗っていて、駅でもないのに電車が突然止まって、5分後にまた発車したとします。そこで、車掌さんなり運転手さんなりが、どうして電車が止まったのかアナウンスしてくれると、とてもほっとしますよね。その原因に対しては...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。