Entries

スポンサーサイト

次期シリーズ

忙しい日にかぎって写真日和になるのはどうしてなのか、と、ぶつぶついいつつ、ゆっくりとアドベンチャーゲームの構想を詰めています。また、次期シリーズについてのメモも、少し思いついたことがあるので、ファイルに入力したりしていました。前にも書いたと思いますが、次期シリーズは4部作になります。不思議なペンダントに選ばれた人々の戦い、という感じの、ベタなストーリーにしようと思っています。主人公のタイプは、『Sa...

骨格を組立中です。

製作中の作品についてですが、分岐の数が確定しつつあります。また、以前に、分岐毎にその分岐特有のイベントを入れたいと書きましたが、その設定も決まりました。あとは、箇条書きに沿って脚本を書き、それに基づいて、ゲームの進行をどうするのか決めていきたいと思います。また、顔グラフィックが確定しました。アンチエイリアスの仕方がどうしても分からないので、線ががたがたですが、見切り発車してしまいます。以前にも書い...

屋内写真が揃いました。

アドベンチャーゲームは、屋内用の写真が揃いました。あまり容量を大きくしたくないので、最小限ですが。現在は、その写真の加工(大きさや、色調の調整など)をしています。本棚の写真があるのですが、図書館で写真を撮ったので、背表紙にラベルがついています。そのラベルを消す作業に、現在かかりきりです。屋外の写真は、暇な日にかぎって天気が悪く、全く進んでいません。シナリオの方ですが、ゆっくりとではありますが進んで...

点と線

RPGの脚本を書く時に、ぼんやりと思うのが、RPGのシナリオは点でできているのではないかということです。たとえば、A地点からB地点までの移動があるとします。小説ならば、その移動中の会話なり情景描写なりがあったりしますよね。でも、RPGの場合、その移動中の出来事に、脚本はあまり関与できません(移動途中にイベントが起きるように仕組むことはできますが、それはA地点→イベントが起こる地点→B地点となるのではないかと...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。