Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

しゃべる人、しゃべらない人

『つばめ』の時には、計画を立ち上げてすぐ、主にプロトーエがしゃべりだしてくれたので、助かりましたが、ゲームに採用できないような、「細かいというかなんというか」な情報まで入れてくれるので、とほほでした。


クリングゾール(つばめの祖父)の宴会芸:
試験管をたくさん並べて、それぞれに発光物質を入れ、反応で発光のタイミングを制御、丁度電光掲示板のように絵や文字を表示する。ちなみに研究員たちには不評。


なんて要りませんっ。

プロトーエ、聞き込みをして報告をしてくれたのはありがとうなんだけど、次作の時にはもうちょっと情報を選ってから知らせてください。これを聞いたときにはほんとに脱力しました。


つばめの台詞は、意外と難しかったです。ややこしいストーリーなので、当たり前といえば当たり前ですが。一番しゃべってくれなかったのはフロリオ。やっぱり、厳しい生い立ちにしてしまった作者のことを怒っているに違いないです(←被害妄想)。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。