FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

さみしいと思う瞬間

いきなりこんなことを言ってなんだかという感じですが、私は、留学生のなかではドイツ人ウケがいい方だと思うのです。日本にいたころ、独文学科にいたので、文章の読み書きはとりあえずできますし、何より、ヴァイオリンが趣味だというと、ドイツ人は喜びます。
で、ドイツ人たちに言わせると、私は、ドイツ人にとって普通のことを、「あれ何?」と聞くので、話していて面白いのだそうです。

話していて面白いと言われるのは嬉しいのですけれど、これを言われると、なんとなくさみしくもあります。何故って、私は、部外者にしかすぎないのが分かるから。普通の人が見えないことを見ることができるのは、部外者だから。

でも、この自分の居場所がないようなさみしい気持ちは、高校時代にもよく感じていたのです。日本の高校に行っていたし、帰国などではないですし、友達もいたし、クラブ活動ではキャプテン(という役職名ではないですが)をやっていたのに。

そのさみしい気持ちが、『つばめ飛ぶ』には反映されています。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。