Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

クリア後のページを作っています。

単純計算すれば、『ヒエニアの本』が公開されるのは12日になります。登録申請から登録されるまでの3週間を使って、「クリアした人へ」のページをまとめています。ほとんど出来上がりました。


設定画もかりかり描いたのですが、今回は鉛筆で描いたスケッチのみになります。しかも、同じ角度からの絵です。というのは、「顔窓に自作イラストを入れる」ということ自体に疑問を抱いてしまい、絵の練習が滞り、3人違う角度で描いて、スキャナで取り込んでドット処理して、という作業をする気力がなくなってしまったのです。


絵が得意だったら、こんなことをぐじぐじ考えることは無かったと思うのです。ただ、私の場合、漫画は数えるほどしか読破したものがない、アニメも最小限しか見たことがないという状態で、自分が持っているイメージを紙に移すの自体、雲をつかむような作業です。その、不完全な像をゲームの中に使うということに疑問を感じてしまったのです。

私は、RPGというのは、感情移入が激しいというのが特徴的なジャンルではないかと思っているのです。ということは、プレイヤーの皆様が、アイコン画像から想像をふくらませて、それぞれの登場人物像を頭の中に思い浮かべているわけで、そのそれぞれの像を壊してまで、作者さえそれが正しいかはっきりしていない像を押し付ける権利は、私にはない、と、急に思ってしまったのです。

将来TimpaniがCocoaに移植されたら、やはり顔窓は欲しいと思います。表現の幅が広がりますから。ただ、その時には、私個人は、顔窓には「人物アイコン+吹き出し」をそのまま入れようかなあ、と考えています。


今回は愚痴っぽくなってしまいました。すみません。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。