FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

過去・現在・未来

そろそろ、『ヒエニアの本』の種明かしをぼつぼつ語っていきたいと思うのですが……。ねたばれがあると思われるのですが、すみません。


前回のブログで、「プロトーエとフロリオの名字をそれぞれ異性のキャラクターから採ったのは、イメージを中性的な方に寄せることによって、反感を買いにくくするため」と書きました。でも、実は、もう一つ理由がありました。

つばめシリーズの、作者としての目標は「ある世界を作る」でした(それに対して『Saint Nicholas Society』の目標は「ある出来事を作る」なので、この2シリーズは、物語の作り方からして変えているのです)。なのですが、構想を練るうちに欲が出て、「ある世界を、その歴史ごと作りたい」と思ってしまったのです。もともと、つばめには「新しい時代を体現する人」という設定があったので、のこりの二人も、それぞれ、時間軸にあてはめ、その時間軸とからめることで、シリーズ全体のあらすじを作ることにしました。

つばめ=未来
プロトーエ=現在
フロリオ=過去

です。

となると、この3人はキャラクターであると同時に象徴にもなるというわけです。ということは、この点でも外見の癖をなくしたほうがいいかなと思ってしまい、(癖のない外見→中性的にしたら癖が無くなるのではないか、よく分からないけれど)というわけで、こんなことになってしまいました。


この時間軸と、各キャラクターをどうからめていったかは、次回。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。